無料プレゼント

無料
特別な『オンライン集客講座』プレゼント!

詳しくはコチラ

ネットワークビジネスについて、あなたは間違った知識と情報で正しく理解していない可能性があります。

もし、ネットワークビジネスをネズミ講だと思っているのであれば、間違った知識ですので、このサイトで本当の意味と成功する秘訣を確認しましょう。

 

ネットワークビジネスとは、口コミなどで商品の紹介から販売に繋げる、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)という仕組みを用いたビジネスです

日本国内だとMLM会社は500社以上、2千万人以上がMLM業界に存在するといわれます。
ネットワークビジネスはれっきとしたマーケティングで、ルールを守って実践できるビジネスとなっています。

 

このネットワークビジネスを本業として稼いでいる人も多いですが、副業としておこなっているサラリーマンや主婦も多いのが特徴です。

私は、副業でネットワークビジネスを行い、成功することができました。

 

このサイトでは、ネットワークビジネスのMLM会社ともかかわりがあり、業界と商品について熟知し、現在2万5千人のオンライン集客コミュニティのアドバイザーをしている私が、ネットワークビジネスの仕組み、メリット・デメリット、成功者の特徴、副業で稼ぐ方法、MLM成功の秘訣について解説します。

ネットワークビジネスの本当のメリットや意義を理解すると、楽しく成功することができます。

ネットワークビジネスとは?MLMの歴史を解説

ネットワークビジネスとは、MLM(マルチレベルマーケティング)とも呼ばれ、その商品の消費者が販売側に加わるのが特徴です。

店舗で商品を販売するよりも、口コミなどで紹介から販売に繋がるケースが多く、その点がネットワークビジネスのMLMの特色になっています。

既に様々な企業や個人が参入していて、日本国内だと500社以上、2千万人以上がMLM業界に存在するといわれます。

MLMの歴史は今から約90年前の1930年代まで遡り、アメリカの小売販売の形態として生まれました。
50年代に入るとアムウェイなどの企業が台頭し始め、日本でも大手企業が続々と参入を果たしています。
この頃から一般にも名前が知られるようになって、ネットワークビジネスに注目が集まり始めます。

アメリカの大学だと、MLMはマーケティング手法の1つとして紹介されたり、日本でも約20年くらい前から最高学府で講義が開催されています。

ちなみに、商材を持たない商法と混同されがちですが、MLMは法的には通信販売や訪問販売、そして連鎖販売取引に当てはまります。

マルチっぽい商法とも全く異なりますから、MLMはれっきとしたマーケティングで、ルールを守って実践できるビジネス手法となっています

ネットワークビジネスとMLMの歴史

ネットワークビジネスとMLMの歴史は、1939年にまで遡ります。

1934年に創業された、アメリカのニュートリライト・プロダクツが最初にネットワークビジネスを始めたとされています。
この会社は、消費者を販売員として起用し、その販売員に新たな販売員を募集する権利を与えました。

そして販売員には、「自分が売った商品の販売手数料」と「新たな販売員の売り上げに対する一定の販売手数料」が支払われました。

つまり、現在のネットワークビジネスと同じシステムです。

その後、このビジネスモデルは大流行しましたが、悪徳業者も多数存在していました。

そのため、アメリカの連邦取引委員会事務局は、悪徳業者を摘発していきましたが、ネットワークビジネス自体は違法ではないとの審決を下しました。

これににより、ネットワークビジネスの存在が公式に認められたのでした。

そして、日本にもネットワークビジネスの波が押し寄せ、マルチ商法という名で浸透していきました。

1970年代の「天下一家の会」によるネズミ講事件や、1980年代の日本アムウェイ、1990年代のニュースキンジャパンなどが代表的です。

しかし日本でのネットワークビジネスは、「マルチ商法=詐欺」というイメージが定着してしまったため、アメリカとは違った歴史を歩むこととなりました。

日本でもMLMとも呼ばれるネットワークビジネス自体は違法ではなく、れっきとしたマーケティング手法で、ルールを守って主婦やサラリーマンでも実践できるビジネスとなっています。

MLMの中でも日用品・化粧品のメラルーカやサプリメントのライフプラスなど高品質で安価なものを扱い、多くの人に愛用・支持されている人気のMLM会社もあります。

ネットワークビジネスとネットビジネスとの違い

ネットビジネスとはデータ通信網であるインターネット上で展開されるビジネスのことを指しますが、ネットワークビジネスはネットワークの本来の意味である人脈などを通じてビジネスを行っていくものです。

ネットワークを作り、そこで販売される商品の利益の一部を収入としてもらうことになります。

根本的に考え方の異なるものですが、ネットワークビジネスでもインターネットを使って増やしていくといった場合にはネットビジネスの一種とも考えることができます。

ネットワークビジネスの根本は自身が商品を紹介し売り込むということで、その売り上げの一部が収入になるというものです。

このためビジネスの内容としては見込み客と会って販売を行ったり、テレアポをして商品の売り込みをするといったことなどがあります。

これらはリアルで行うことが中心ですが、インターネット上で行うというケースもあるものです。

ネットワークビジネスの特徴では、会員となって商品の売り込みを行うというもので、勧誘して会員になってくれた人が販売した利益の一部も収入として手に入れることができます。

勧誘に積極的になって会員が広がれば、それだけ直接販売をしなくても収入が増えていくのがネットワークビジネスの大きなメリットです。

ネットワークビジネスはネズミ講とは違う

ネットワークビジネス(MLM)に興味があるけど、ネズミ講のように人を騙して儲ける仕組みなのではと心配している方が多いのではないでしょうか

そのような方はネットワークビジネスとネズミ講がごっちゃになってしまい、あやふやな情報しか手に入れていないのかもしれません。

そのような場合は、両方の知識をしっかりと得て違いを知ることが大切です。

ネズミ講とは無限連鎖講のことで、今は違法行為ですが以前は合法だった時もありました。

ネズミ講は商品の販売が目的ではなく、出資者が増加することによる配当目的の行為です。
したがって出資者を募ることができない末端の人達は配当金をもらうことができないので被害者であるといえます。

一方、ネットワークビジネスは製品の売買を目的とした商行為なので、商品のないネズミ講とは異なります

基本的に購入者を募らなくても損をすることはなく、個人単位で代理店になれるだけです。

ネットワークビジネスは連鎖販売取引という合法的なビジネスなので、安心して利用することができます。

ネットワークビジネスはテレビのニュースや新聞で取り上げられる時、マルチ商法として紹介されることが多いですが、これはマスメディアがネットワークビジネスを悪い印象にしているように感じられます。

ネットワークビジネスの種類と商品

ネットワークビジネス(MLM)は、商品を販売する会社の会員となってその会社の商品を販売し、その販売した代金の一部を報酬としてもらうものです。

さらに新たな会員を獲得すれば、その新しい会員が販売した代金の一部を報酬としてもらうことができます。

自身が単に会員となるだけでなくネットワークビジネスとあるように、会員を増やしていきネットワークを作ることで収入が増えるのが大きな特徴です。

ネットワークビジネスの種類は多い

ネットワークビジネスといっても、いくつかの商品の種類があります。

その種類は化粧品、日用品、栄養補助食品、旅行、格安SIMなど色々あり、種類が多いです。

 

ただその性質上、あまり宣伝広告をしないのが特徴ともいえるもので、あくまでも会員同士のリアルの付き合いで増やしていくものです。

 

もちろんインターネットやSNSを利用して行うというケースもあります。

 

ネットワークビジネスの定番商品とは?

ネットワークビジネスの商品で定番のものとしては栄養補助食品や化粧品などがあり、それ以外にも生活用品や下着、浄水器や美容機器、機能性寝具や健康器具、格安SIMなどが知られます。

種類は多数ありますが特徴としては、継続的に利用するものであるということで、一度お客を手に入れることができれば継続的に収入を得ることができるものです。

このため必ずしも単価の高い商品が良いというわけではなく、安価なものでも多くの人に支持されるものであれば相応の収入となるのがネットワークビジネスの特徴です。

 

ネットワークビジネスとMLMの仕組み

ネットワークビジネスはMLMと呼ばれることもあるビジネスモデル、製品の購入もしくは特定のサービスを利用するときには会員になり、その人が他の誰かを会員に誘って新しい会員を増やすといった仕組みを持つものです。

会員が他の人を誘うといった仕組みを持つネットワークビジネスは階層構造を持つのが特徴で、この階層構造により商品やサービスの流通網が徐々に拡大するなどの特徴があります。

ちなみに、MLMとはマルチ・レベル・マーケティングの頭文字を取ったものでマルチ・レベル・マーケティングがネットワークビジネスの仕組みを表しています。

同じ階層構造を持つビジネスモデルにマルチ商法やねずみ講がありますが、このビジネスの仕組みはマルチ商法と全く同じ、マルチ商法はネットワークビジネスと呼ばれることもあります。

ねずみ講とはまったく異なるものなので詐欺とは無関係、これによりネットワークビジネスを始めてみたいと考える人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、ねずみ講は無限連鎖講の防止に関する法律で禁止されているもので違法に値しますが、ネットワークビジネスは特定商取引に関する法律で認められているといいます。

ただし、会員を無理に勧誘すると法律違反になるので注意が必要です。

 

ネットワークビジネスのメリット・デメリット

ネットワークビジネスのメリットとデメリットを解説します。

メリットとデメリットを理解しましょう。

ネットワークビジネスのメリットとは?

ネットワークビジネスのメリットとして、必要となる初期費用が少ない、ということが挙げられます。

新しくビジネスを立ち上げるという際には、様々な費用が必要となるものです。

本格的に個人で起業をするなら、店舗やオフィスを構えるところから始めなくてはなりません。

そして大きな初期費用を投じたとしても、必ずしも上手くいくとは限らないのです。

ネットワークビジネスなら、ごく僅かな初期費用だけでスタートすることができます。

また完成したシステムを利用してビジネスを行う形となりますので、経験がまったくない人でも、成功できる可能性があるのです。

初期費用の少なさとリスクの低さは、ネットワークビジネスが持つ大きな利点だといえるでしょう。

ネットワークビジネスを軌道に乗せることができたら、自分のペースで働きながら収入を得ることができます。

仕事をしたいが時間がない、家事や育児のため自分の時間をあまり持てない、そんな悩みを持っている方は多いでしょう。

企業につとめるのとは異なり、自分自身のペースで仕事を進めることができるため、ライフスタイルに合わせた形で働くことができます。

どんな人でも無理なくスタートして上を目指すことができる、それがネットワークビジネスの魅力です。

ネットワークビジネスのデメリットとは?

人と人とのつながりから広がっていくネットワークビジネス。

その特徴的なやり方がかえってデメリットを引き起こすこともあります。

人と人とのつながり、つまり人脈形成がこのビジネスの最も大きなポイントです。

逆に言えばつながりを切ることは、ビジネスを切ることにも直結します。

関係を持っている人同士が良好に行えていればよいのですが、一度悪い噂やデマが広がると一気に影響を被る点が注意すべきデメリットです。

逆にネットワークビジネスで商品を紹介することで、相手との関係が悪化し疎遠になることもあります。

人間関係を良好に保つことが出来るかどうかを軸にこのビジネスを検討すると良いでしょう。

 

ほかのデメリットとしては、このビジネスには多くの時間がかかるということです。

人間関係の構築や商品の紹介、同じ会員同士の交流など様々なタスクが発生することから生活のかなりの割合を占めることも少なくありません。

商品を売れば売るほど成果につながる分、1日の多くの時間がこのネットワークビジネスにかけることになるでしょう。

このビジネスだけでやっていくという人にとってはメリットとなりますが、片手間でやるとなると例えば本業の仕事に支障をきたしたり家事や育児に影響したりする可能性もあります。

 

このデメリットは、インターネットやSNSを使った集客をおこなうことで解決することができます。

中でも、こちらのサービスは、インターネットやSNSを使った集客方法を学べることで人気です。

インターネットやSNSを使った集客はこちら

 

ネットワークビジネス成功者の特徴

ネットワークビジネスの成功者の特徴は、マインドセットが上手な点です。

どのようなビジネスでもマインドセットが重要ですが、ネットワークビジネスの場合、同じ商品を扱っているのに成功する人と失敗する人に明確に分かれてしまうので、このマインドセットが特に重要であると言えます。

ネットワークビジネスで成功したいと思っているのであれば、マインドセットの中でも可能思考を持つことが大切です。

可能思考とはどんなものかというと、自分でもできるという健全な自己のイメージを持つことで、プラス思考とは少し異なります。

可能思考とはセルフイメージと呼ばれることもあります。多くの人達は自分に対してマイナスのイメージを持つことが多いですが、ネットワークビジネスの成功者は可能思考を持っていることが多いという特徴があります。

他にもネットワークビジネスの成功者は、プラス思考であることが多いです。

ネットワークビジネスの成功者は、普通の時はもちろん、どんな困難が起きた場合でもプラス思考でいることが多く、それによってマイナスからプラスに変えることができています。

 

さらに成功者は、失敗の管理が上手です。

失敗してもそのことを忘れずに上手に受け入れている人が多いです。

 

金持ち父さん貧乏父さんのロバート・キヨサキさんもネットワークビジネス成功者として有名です。

 

 

ネットワークビジネスの副業で稼ぐ方法

ネットワークビジネスの副業で稼ぐ方法と成功の秘訣を解説します。

 

私はサラリーマンですが、副業でネットワークビジネスを実践しています。

そして、成功することができました。

でも、ネットワークビジネスを始めた当初は、うまくいきませんでした。

友人・知人が少ないことから、リアル勧誘は無理でした。

 

そこで、私は、ネット集客をする方法を選びました。

私が、成功した秘訣を紹介しますので、参考にしてください。

 

もし、あなたにはたくさんの友人・知人がいて、リアル勧誘が得意な場合は、私の経験は参考にならないかもしれません。

 

しかし、勧誘する友人・知人がいない人や、リアル勧誘が苦手な人は、ネット集客で引き寄せる方法を実践しましょう。

 

ネットワークビジネスとは、商品などを購入して会員になったら、他の人を誘って会員にして、その他の人が別の人を会員に誘うことでネットワークを築いて、他の人が購入した商品の利益を得るという仕組みのビジネスとなっています。

副業として始めるサラリーマンや主婦も多いのですが、会員を多くすれば多くするほど働かずに収入を得ることができるようになります。

人脈があればビジネスとして成功させることができますが、中には在庫や借金を背負った状態で始めてしまい失敗するケースもあるため注意が必要です。

また、売り上げの目標が設定されているMLM会社もあり、会員を勧誘できなければ自分で商品を購入する人もいますので注意が必要です。

きちんと会員を増やせれば副業としても成功しますが、会員を増やすのに夢中になってしまいサラリーマンの本業が疎かになってしまうこともあります。

このような状態にならないためには、ネットワークビジネスの救済制度を知った上で始めることがポイントです。

また、サラリーマンや主婦が副業として始めるなら、インターネットやSNSを活用したネット集客方法を学ぶことがポイントです。

 

ネットワークビジネスにもクーリングオフ制度がある

ネットワークビジネスのようなビジネスの場合、クーリングオフ制度を利用できます。

商品を受け取って20日間は契約解除することができる制度で、期間が過ぎても条件を満たすことができれば契約解除が可能です。

MLMで人気のメラルーカのように商品に満足できなかった場合は90日間返金保証の会社もありますので確認しておきましょう。

副業として始めるからには、失敗した時のことも考えて始めることが大切です。

 

サラリーマンと主婦のネットワークビジネス副業成功の秘訣

サラリーマンや主婦が副業でネットワークビジネスを行う場合は、下記のポイントがMLM成功の秘訣です

 

①日用品・サプリメントなどの継続的に使える商品を扱う

②高額でなく、良品廉価の商品を扱う

③在庫不要、ノルマなし、簡単にやめれるMLM会社を選ぶ

④インターネットやSNSを活用したネット集客の方法を教えてくれるMLM会社を選ぶ

 

特に④が重要な成功の秘訣です

 

商品を紹介してくれたアップの人や所属するグループのリーダーとメンバーがネット集客で成功していることが重要です。

また、そのネット集客のやり方をグループ内のメンバーに教えてくれたり、勉強会を行っているネットワークビジネスのグループに入ると成功する可能性が高いです。

ネット集客ができれば、友人や知人へのリアル勧誘をする必要がなく、人間関係が崩れたり、変な評判がでることがありません。

 

ネットワークビジネスを行う場合は、グループ選びが重要ですので、参加を考えている商品と会社があれば、紹介してくれたアップの人に、リーダーとグループ内のサポートがあるのか必ず確認しましょう。

 

ネットワークビジネスのまとめ

ネットワークビジネスは、MLMというマーケティング手法をつかった合法的なビジネスであり、始めるのも比較的簡単で、継続した収入を得ることができるので、サラリーマンや主婦の副業として人気です。

その一方で、ネットワークビジネスは扱う商品によって適正もあり、誰もが成功するわけではないということを認識することも必要です。

ネットワークビジネスの本当のメリットや意義を理解することで楽しく成功することができます。

 

Copyright© ネットワークビジネスとは?MLMの仕組みと副業成功者の特徴 , 2020 All Rights Reserved.